人間ドックと脳ドックについて

人間ドックというのは全身を調べる検査のセットコースという位置づけで医療機関で行う医療サービスの一角を担っています。

近年では予防医学と呼ばれる分野の成長に伴って人間ドックはかなりの人気商品になッています。


その中で脳ドックと呼ばれる検査があります。
この検査は他の方法ではあ検査することが非常に難しい脳の内部をはっきりと画像化する技術の開発に伴って行われるようになりました。



この技術をMRIと呼びます。

磁気の共鳴を利用して画像を描出するという技術により、人体を傷つけることなく内部の検査を精密に行うことができるようになりました。


この様な脳ドックについては特別な位置づけとなっていることが多くなっています。
それは人間ドックの一部として検査に組み込むにはやや高価すぎる検査であるという問題があります。



MRIという検査機器にはかなり大きな維持費がかかるため、保健を使用しない場合は検査一回に対して25,000~30,000円程度の費用が必要となります。

そのため一般的な検査としては高すぎるため脳ドックとして別わけでの扱いをすることが多くなっているのです。
脳ドックには通常MRIとMRAという二種類の検査が含まれます。


MRIは脳の断層画像の描出を行いますが、MRAは脳内の血管の描出を行うことが出来ます。



この検査により脳の微細な脳梗塞の発見やm、将来的なリスクの発見をも行うことが出来ます。この脳ドックは何も自覚症状が無いうちに行うのが理想です。